2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

効率的社宅管理

ホーム

企業が従業員の福利厚生の一環として有している社宅は、転勤などの従業員の円滑な人事と企業への貢献心のためにも必要ですが、その一方、企業の貴重な不動産でもあり、その有効な活用が求められています。
特に、建築されてから年月を経た社宅の場合、設備面でも様々な不都合が生じやすく、適切な管理は簡単ではありません。
社宅は社員やその家族が暮らす生活の場ですから、適切な管理がなされていなければ仕事に対するモチベーションにも影響しかねません。
そこで、近年では、社宅を企業の貴重な不動産として考え、その不動産の有効活用と社宅の集約や効率的な管理について豊かな経験と知識でアドバイスする企業が活躍しています。
古くなった社宅を更新する際に集約化を図り、管理についても一括して委託を受けることで高い水準の生活環境を社員に提供することができます。

一方、これまで社宅として使われてきた不動産も、有効活用できる資産として生まれ変わり、賃貸住宅を建築し、賃貸収入を得ることや、一括して売却する、あるいは、コンソーシアムを組んで再開発用地として活用することができます。
これからの時代は、必要なものも効率化の視点を持って見直し、新たな収入源として再活用していくことが必要です。
不動産収入は長期にわたり、安定的にインカムが期待できるものであり、企業としては、是非とも、有効活用していくビジョンを持つべき分野です。
その意味でも、単なる管理ではなく、総合開発の実績、経験、知識の視点から、不動産有効活用のパートナーを選択すべきです。

社宅は有効に使えます

家

社宅は従業員が安心して業務を行えるように通常よりも廉価で住まいを提供し、そこから通勤をしてもらう為の物です。
大きな施設の近くで働く従業員が多く炒る場合はアパート形式の建物をまるまる1棟用意して、従業員とその家族も住んでもらう事になります。
大きな施設などの近くではなく、1世帯ごとの場合はアパートやマンションの何部屋かを借り上げて従業員に住んでもらうという方法があります。
家族が多かったり田舎の立地の場合は一軒の家を社宅として使う場合もあります。
いすれも場合にも不動産の手を借りて手配や管理を行います。
最初の物件手配の不動産と定期的なメンテナンス等の管理を行う管理不動産は違う場合があります。
法人で手続きを扱う場合は1か所で全てまかなう事が出来ると急ぎの内容でも対処が早いので取引を行う不動産と物件の両方をあわせて比較をする事が大切です。

社宅として扱う幾つかの物件と管理不動産を金額や管理項目を含めて見積もりを出して比較をすると業者毎の得意分野がわかってきます。
社宅の管理を代行してもらう上で最優先の項目をどの業者が得意とするかを調べて、その業者と取引を行うと安心です。
一時期よりも正社員が減り、住居面の福利厚生をする必要がある従業員の数が徐々に減ってきている状態なのですが安心した状態で業務に当たる事で従業員の生産性があがるきっかけのひとつに充分なりえます。
そして社宅は資産の一部となるのでしっかりと活かして使う事です。